トップページギャラリー


RGV250T (VJ23A) RGV-Γ250SP(ガンマ) [2]





10年程度乗らずに保管されていた車両の再生をメガスピードにて承りました。まずは根幹である原動機、エンジンのシリンダ圧縮圧力を測定するところから開始しました。フロントバンク1,125kPa、リヤバンク1,050kPaと良好であることが確認できた為、先に進める判断をしました。



点火系統が正常であるか、左右とも末端のスパークプラグで点検している様子です。5mm以上の隙間でも放電していることを確認しました。



エンジンの圧縮および点火の状態を確認した為、残る燃料系統の整備に入ります。その前に車両全体がホコリまみれになっていた為、外に出してダスターで清掃している様子です。



燃料系統を確認したところ、キャブレターが腐敗したガソリンで汚染されていました。またインシュレータが極度にひび割れしていた為、新品に交換する為に取り外した様子です。エンジンも全体的に油とホコリの混合物で汚染されていましたが、部品を外す前に清掃しました。



インシュレータを外すと同時にリードバルブも取り外し、状態を確認するとともに、見える範囲でエンジン内部の様子を点検しておきます。



1番シリンダのクランクおよびコンロッド周囲の様子を確認しています。目立つ錆もなく、状態は比較的良好です。



2番シリンダのクランクおよびコンロッド周囲の様子を確認しています。1番と同様に比較的良好な状態であることが分かりました。



ウォータポンプのインジケーターホールから冷却水とオイルが漏れていた為、整備する為にクラッチおよびカバー周辺を取り外した様子です。



この車両の直前に別のVJ23型ガンマのミッションカウンタシャフトに0.09mmの振れがあることによるオイル漏れの修理を実施したばかりなので、念の為、カウンタシャフトの曲りを測定しておきました。

結果は0.01mmの振れもなく、ほぼ真っ直ぐな良好な状態であることが確認できました。





プライマリギヤを取り外してオイルシールやカラー等を取り外した様子です。

全体的に洗浄し、特にクラッチカバー側の大きなオイルシールと接触する部分を滑らかに研磨してあります。

また本来部品設定がないセンターのシールも同時に新品に交換します。



カウンタシャフトのカラーとシールの接触面を修正研磨し、新品のオイルシールを取り付けた様子です。通常このオイルシールの部品設定はありませんが、プライマリギヤを取り外してアクセスできる状態である為、今回新品に交換しておきました。



整備の完了したプライマリギヤにオイルシールおよびカラーを圧入した様子です。ギヤとカラーの密封性能はこれで回復しました。



カウンタシャフトとプライマリギヤのブッシュとの接続部のカラーも同時に新品に交換します。



カウンタシャフトとカラーの密封を保つOリングも同時に交換しておきました。



カウンタシャフトに整備の完了したプライマリギヤを取り付けた様子です。




クラッチカバーを点検洗浄した様子です。10年分の汚れがあちこちに固着していましたが、可能な限り除去しました。

画像上は表側、画像裏はエンジン側の様子です。

エンジン側は比較的綺麗な状態でしたが、表側は泥とオイルとガソリンの混合物が頑固な汚れとなっていました。

また、ウォータポンプのインジケーターホールから漏れ出した冷却水とミッションオイルが泥と一緒に固まって変色していました。

それらはすべて除去し、ねずみ色の本来の姿に復元しています。




上の図はインジケーターホール周囲の様子です。汚れをすべて除去し、穴を貫通させ性能を取り戻しました。

下の図はメカニカルシールのおさまるハウジングを洗浄した様子です。内側の穴が外側のインジケーターホール出口につながっていて、オイルシールの機能が損なわれた場合はミッションオイルが、メカニカルシール等の機能が損なわれた場合には冷却水が穴から外部に出てきます。

今回はオイルと冷却水の両方が出てきていた為、オイルシールもメカニカルシールおよびシャフトの機能すべて低下していたと考えられます。




点検洗浄したオイルシールハウジングに新品のオイルシールを圧入した様子です。



新品のメカニカルシールをハウジングに取り付けている様子です。



メカニカルシールを取り付け、シャフトとベアリングのASSYを取り付けている様子です。
オイルシールにシャフトを挿入する際に、リップがめくれてしまうケースが多々ある為、正確に挿入後、めくれていないか点検している様子です。



ベアリングを油圧プレスで正確にクラッチカバーに圧入している様子です。



クラッチカバーに圧入されたベアリングおよびシャフトとメカニカルシールの様子です。



新品のインペラにメカニカルシールのヘッド側を取り付けた様子です。



新品のガスケットやロックワッシャ、ボルトを使用してインペラを確実にシャフトに取り付けた様子です。



ワッシャおよびサークリップを新品に交換し、ギヤなどの各部を点検してから組み立てたウォータポンプシャフトの様子です。



点検洗浄したオイルポンプ軸およびギヤ廻りの様子です。



クラッチカバーセンターに新品のシールを取り付けた様子です。



カウンタシャフトのプライマリギヤに特殊工具を取り付け、新品のガスケットを使用してクラッチカバーを取り付ける段取りが完了した様子です。



整備の完了したクラッチカバーをエンジンに取り付けた様子です。この段階でオイルポンプの軸とウォータポンプのインペラが確実に回転するか、点検しておきます。



RGV-Γ250SP (VJ23A) RGV250Γ(ガンマ) [2]
40PS/9,500rpm 3.5kg-m/8,000rpm 乾燥重量:134kg









Copyright © MEGA-speed. All rights reserved