トップページギャラリー


SPACY100 (JF13) スペイシー100 SCR100WH3 [1]




スピードメーターの不具合やその他の不具合を整備する為に、外装をはがして点検を始めている様子です。

排気量は102ccなので49ccの1種原付に比べて余裕があります。車重がある分安定感があり乗り心地も良いです。
ハンドルカバーに欠けがあり気になるので新品に交換します。
図は純正新品ですが、海外製の方が安価ですが、ライトスイッチの穴が空いていてゴミが入るので、きちんとふさがれている純正国内仕様を取り付けます。
新品の純正ハンドルカバーにホーン、セル、ウインカーの各スイッチを取り付けた様子です。
取り付けた新品のハンドルカバーに新品のコーションラベルを貼った様子です。

このラベルが新しいと見た目が非常にシャープになります。
スピードメーターケーブルが破損していて、その原因であるスピードメーターを取り外し、清掃したカバーの様子です。

スピード、燃料、どちらも針が折れていて、ケーブルの差し込み口が完全に固着していた為、パネルを新品に交換することで対応します。

図は新品のメーターパネルの様子です。
点検清掃したメーターカバーやレンズに新品のスピードメーターパネルASSYを取り付けた様子です。
すでにスピードメーターケーブルは再生不能な状態に陥っていた為、新品に交換してメーター側に接続しました。
ヘッドライトカバーに取り付けられた新品のスピードメーターパネルをの様子です。

今後長い間活躍してくれることが期待できます。
入庫時に右ミラーが無い状態だったので、ミラーおよびブーツ、ロックナットを新品でそろえた様子です。
新品のミラーASSYを車体に取り付けた様子です。原付スクーターと言えども、やはり両側にミラーがあると運転のし易さが劇的に向上します。
PVホースが劣化して口が裂けて外れていた為、ホース、クリップをセットで新品に交換します。
新品のPVホースを新品のクリップで正確に取り付けた様子です。損なわれていた機能が回復しました。
エンジンの圧縮圧力を測定する為にスパークプラグを取り外した様子です。外側からは全く見ることができないのでミラーを利用してプラグホールを確認します。
エンジンの圧縮圧力を測定している様子です。約1,300kPaと規定値を示していて非常に良好であることが分かります。

圧縮がある分粘り強いエンジンフィーリングを試運転で実感しているので、それを裏付ける形となりました。
新品のスパークプラグを取り付けている様子です。

取り外した古いプラグが正常に焼けていた為、熱価は同じ6番を選択しました。
スパークプラグを取り付け、その状態をミラーで確認している様子です。きちんと取り付けられていることが分かります。
外したプラグキャップの状態を点検している様子です。端子部に目立つ錆も無く、状態は良好です。
新品のプラグに正確にキャップを取り付けた様子です。
エアクリーナエレメントが汚れていた為、新品に交換している様子です。
ミッションオイルの量を点検している様子です。
シートに亀裂が発生していた為、新品に交換した様子です。
内部のメットインボックスも細部まで清掃し、綺麗な状態になっています。





SPACY100 (JF13) スペイシー100 SCR100WH3 [1]
排気量:102cc 7.2PS/7,500rpm 0.8kg-m/5,000rpm 乾燥重量:94kg









Copyright © MEGA-speed. All rights reserved