トップページMEGA-denshiMEGA-denshi-CDI




SEROW225-2LN (1KH) 専用設計 デジタル進角CDI+電源取り出しカプラセット  税込価格 59,800円
    適合車種:XT225 SEROW (1KH) 2LN    純正品番:2LN-85540-M0 互換

-----[MEGA-denshi製 SEROW225-2LN専用設計デジタルCDIの特徴]-----------------------------------
1、アイドリングの安定化
 
SEROW225は全モデルで4サイクル空冷単気筒エンジンなので、アイドリング時のエンジン回転の変動が大きいのが特徴です。純正CDIではわずかにアイドリングが上昇すると、進角補正が入り、更にアイドリングが高くなりやすい傾向にあります。そこでMEGA-denshi CDI では、アイドリング時のわずかな回転変動では進角領域に入らないよう、定点点火をわずかにワイドバンドにし、そのエリア内であれば安定した燃焼を実現、アイドリングの安定化を狙った仕様になっています。


2、純正ベースの安心安全な点火マップ

 図はMEGA-denshi CDIの点火タイミングを示したものです。まずアイドリングと示された領域が純正よりワイドバンドになっていて、前述の様にアイドリングの安定化を狙っています。
 次に、最大進角度とそれに至る過渡期の進角領域ですが、ほぼ純正と同じ点火タイミングにすることにより、安全性が確保されるだけでなく、マフラー交換等の仕様変更があっても、純正CDIと同様の乗り味が得られるようになっています。


3、高性能CPUをはじめ、すべての部品を表面実装することにより、デジタル制御ながらもコンパクトな造りになっています。
  ⇒ CPUは車載で世界シェアトップレベルの日本の半導体メーカーRENESASの製品を使用しています。
  取り付けも純正のCDIの取り付け位置にそのまま設置することができます。


4、電子部品はすべて現行の新品で組立ています。また可能な限り車載規格をクリアした部品を使用しています

 図はSEROW225-2LNの純正CDIを解析する為に、内部を露出させたものです。2LN純正CDIでは、寿命のあるアルミ電解コンデンサが非常に多く使用されていることが特徴です。これらの容量が経年により減少してくると、点火タイミングに狂いが生じたり、正常な点火ができなくなります。
  ⇒ 新しい部品でリフレッシュできます。MEGA-denshi CDI に使用されている電子部品は、厳しい条件であるAEC-Qxxx 準拠といった車載用を使用しています。電子部品は10年経過したら劣化します。純正CDIは発売から数十年経過しているので非常に疲れた状態です。


5、販売後もサポートします
  ⇒ ユーザー登録することにより、一定条件のもと、3年間万が一の故障でも新品に交換する保証をおつけします。


[取り付けについて]
 SERWO225-2LNの純正CDIでは直接バッテリ電源を使用していません。しかしMEGA-denshi製のデジタルCDIは、CPUや周辺に実装しているICを駆動するのに+12Vのバッテリ電源を使用します(正確にはCDI内部のレギュレータにより更にCPUやICの要求する電圧に落としています)。その為、イグニションONの時(アクセサリ電源)にCDIに+12Vを得られるように配線を引き出す必要があります。
 
このCDIセットには、カプラーオンでCDIに電源が供給できるように必要部品が同梱されているので、手順通りに取り付ければ簡単に電源をCDIに供給することができます。


 図はCDI+電源取り出し分岐ギボシセットの内容です。CDI本体、電源取り出し分岐ギボシ、ヒューズホルダ、2Aヒューズになります。出荷時はヒューズを取り付け図の様に仮組みした状態で梱包します。取り付けの際には、各配線を根元まで確実に接続して下さい。

   
※配線被覆は行っておりませんので、ユーザー様が必要に応じて施工してください。


 次に取り付け例を示します。ここではCDIセットに付属する分岐ギボシを使用します。要はCDIにイグニションONで+12Vの電源が供給できれば良いだけなので、ご自身で電源が用意できる方、あるいはすでにアクセサリ電源のある方はご自由にお取り付けください。CDIから出ている(黄)の配線に+12Vを供給して下さい。

手順1:最初に右サイドカバーを外し、ウインカーリレーとCDI本体を取り外します。次にMEGA-denshi CDI を純正の固定バンドを利用して、そのまま純正CDIの位置に取り付けます(わずかに外形が大きいですが、図の様にゴムに本体が収まります)。



手順2:2Pカプラを接続し、2Pカプラから出ている配線(黒)のギボシ(オス)を車体ハーネス側のギボシ(メス)と接続します。



手順3:CDI側の各ギボシとハーネス側の各ギボシを図の様に接続します。赤と赤、橙と橙は同じ色の配線接続ですが、茶と緑、青と黒/白の2組の配線が色の違う配線の接続になるので、間違いの無いよう十分に確認して下さい。

注意する配線接続
MEGA-denshi CDI側 ギボシ 車体ハーネス側 ギボシ
黒/白



手順4:電源をリヤブレーキスイッチから取り出します。リヤブレーキスイッチへ接続されている2本の配線のうち、茶色の配線のギボシ接続を外し、分岐ギボシを割り込ませます。



手順5:分岐ギボシとCDIへの電源線(黄)の間にヒューズボックスをギボシ接続し、配線をまとめて取り付け完了です。

  ※ CDIの固定については、これでなければダメというものではないので、ユーザー様でご自由に設置して下さい。


[注意点]
 ・バッテリから直接+12Vを接続すると、イグニションOFFのバイクに乗っていない間にも微量ですが電流が流れている為、バッテリ上がりの原因となります。
 ・エンジン回転のレブリミッターはあえてプログラムしておりませんので、回し過ぎにはご注意下さい。
 ・開発時はレッドゾーン直前までエンジンが吹け上がることを確認していますが、レッドゾーン以上は保証外となります。

 ・誤作動防止の為、NGK抵抗入りプラグをご使用下さい。その他のプラグでは動作未確認となります

 ・純正イグニションコイルおよびハイテンションコード以外での動作は未確認の為、社外の強化コイルやホットワイヤー等は非適合となります。
  ⇒ 誤作動した場合、内部ICが損傷し、CDIが故障するおそれがあります。



[開発について]
 SEROWと言えば、セル付きのトレールというイメージがありますが、初期型とこの2LNはキックオンリーなので、今となっては異例のような印象があります。
 今回開発に至ったのは、やはりメーカーで廃番になったことが大きな要因です。色々な純正CDIの中でも、このCDIは特にアルミ電解コンデンサの使用が多く、やはり経年とともに容量抜けが発生します。したがって、その様な車両は点火時期に狂いが生じるだけでなく、燃焼エネルギーのロスによる出力低下も避けられません。
 MEGA-denshi CDI はそこをリフレッシュすべく、優れたルネサスCPU制御により、正確な点火タイミングを確保、ロスなく点火コンデンサを充電させることにより、損失していた点火エネルギーを蘇らせるよう設計されています。

 2000年代からCPUはすべてシングルチップ化して非常にコンパクトになりました。搭載しているデジタル制御を担う高性能CPUは、日本が世界に誇る車載半導体メーカーRENESAS社のものです。日本車のインジェクションモデルの純正ECU内部にもRENESASのCPUが使われていることからも、信頼性のある日本の半導体企業を MEGA-denshi は支持します。

 SEROW225-2LNの発売が1987年頃ですから、すでに数十年経過しています。当然CDIも劣化しています。新品のデジタルCDIを供給させていただくことにより、今後もずっと安心して維持し続けられるようお役に立てれば幸いです。


[バージョン情報]
 2021年--------------------------------------------------------------------------------
      2021.3.7 SEROW225-2LN (1KH) 専用設計デジタル進角CDI ver.1.0 新発売   


-----[お客様の声]-----------------------------------
 ここではCDI装着後にいただいたお客様の声の中から、掲載に快諾していただいたものをご紹介します。修理の際に絶版部品で困っていた方、予備を兼ねた純正からの換装で性能がUPした方、色々なケースがあるかと思います。もちろんすべての方が同じような体感を得られるとは限りませんが、ひとつの目安としてインプレッション等を参考にしていただければ幸いです。



「乗った感じは今までと変わらず、同じように走れました。スロットルを開けても自然に加速します。至って普通です。
多分同じセローに長く乗るような人は、普通で何も変わらないことをむしろありがたいと感じると思いますので、
これで良いのではないでしょうか?
(メールより引用)

  埼玉県・J.N 様)
[MEGA-denshi]
 早速のインプレッションと画像をいただきありがとうございます。ともすると、新規に開発するのであれば、純正より高性能、多機能といった製品を目指しがちになりますが、セローに関しては当初からほぼ完全に純正互換を目標に開発を進めていました。というのも、セローはトレールという特性から、パワーアップを求めるのではなく、どちらかと言うと、”今までと同じように”これからも長く乗りたいと言う声の方が多いと判断したからです。
 今回インプレッションをいただいたJ.N様は2LNを発売当時の新車から乗り続けられているので、その様なセローに熟知したオーナーから『今までと変わらず、至って普通』との評価をいただけたことは非常に重みがあり、嬉しく思います。それと同時に、開発の方向が間違っていなかったと勇気づけられました。

 今後も『変わらぬ普通』をお届けし続けられるよう、頑張りたいと思います。このたびは本当にありがとうございました。



「15年放置車をレストアし乗ること半月、早速CDIがパンクし、走行不能に。
純正品が廃盤のため、年式違いのものや、他車種のCDIをつけてみたりしましたが、走りはするものの、トルクがなかったり加速が悪かったり満足することができず、毎日中古純正CDIをヤフオクで探す日々でした。
そこで今回、メガスピードさんのCDIの購入に踏み切りました。結果、トルクフルで大満足。
これなら楽しんでバイクライフをおくれます。ありがとうございました!
(メールより引用)

  静岡県・Y.M 様)
[MEGA-denshi]
 早速インプレッションと画像をいただきありがとうございます。レストアされたとのことですが、画像をいただいてその綺麗さに驚きました。ここでは容量の都合でサイズを縦225pixelに縮小していますが、いただいた大きなサイズで見るとその美しさが良く分かります。

 セローは4ストということもあり、点火タイミングはアイドリングのBTDC9°から、エンジン回転の上昇とともにかなり進角していきます。CDIの流用等の場合、進角しなかったり、進角が合わなかったりするケースが多く、その場合は全域でモッサリしてパワーが出ません。純正が廃番となってから、純正中古や流用といった手段を仕方なくやらざるを得ない状況が続いていました。しかしそれではセローの楽しさは味わえません。
 その様な状況を打破すべく、セロー2LN専用設計デジタル進角CDIを開発しました。これにより、毎日ヤフオクを見て中古CDIを探すストレスから解放されます。動くか分からないCDIを運任せで買うという状況も無くなります。

 インプレッションでは『トルクフルで大満足』とのご感想をいただけたので、狙い通りのパワーが発揮できたのではないかと考えております。やはりバイクの醍醐味はダイレクトなパワー感があってこそです。

 15年放置車を復活させるのは大変だったと思います。レストアされた車両の最後の1ピースとしてお役に立てたことを光栄に思います。このたびは本当にありがとうございました。



「 お陰様でセローは無事復活しました!CDIが最終手段だったので後がなくて不安はありましたが、ようやく戻ってきました。久しぶりに感動しています。

交換時ですがハーネス側の赤と茶色、経年劣化で色の区別がつかなくなっている個体でしたので同じケースがあるかもしれません。ここだけは一本づつ抜き差ししました。
 手に入れてから20年以上、普段は通勤、たまにオフロード、下駄にも使いそろそろ73000km、かなり酷使した方だと思いますが、今までエンジンが不調になる事は一度もなく、本当にタフなバイクです。そろそろ退役やレストアが頭をよぎった矢先の故障でしたが、いつも通りを取り戻せたお陰でこれからも手を入れながら乗り続けられます。ありがとうございました。
(メールより引用)

  神奈川県・I.T 様)
[MEGA-denshi]
 早速のインプレッションと画像をいただきありがとうございます。今回は車両が不調に陥ったとのことで、色々点検された末、CDIしかないとの判断で弊社の製品をお求めいただけました。結果的に弊社CDIにより復活されたようで良かったと思います。

 交換時の注意事項についてのご指摘ありがとうございます。おっしゃるとおり、車体側のCDI端子接続配線が同じ形状のギボシ(具体的にはオスギボシ)であり、劣化により赤が薄れて茶色っぽくなり、もう一本の茶と見分けにくくなっている場合があります。その場合は、パーツクリーナをウエスに吹きかけ、それで配線の汚れをふき取る感じで軽くこすると、配線の色が復活して、赤と茶の区別が容易になる場合があります。開発車両も劣化して配線の色の区別が難しくなっていたので、パーツクリーナとウエスでリフレッシュしました。

 車両に関しては、20年以上乗られているのも驚きですが、走行距離が73,000kmというのもすごいと思います。ご連絡いただいた通り、古い車両が過走行で不調になると、コスト的に乗り換えが視野に入ってくるかと思います。しかしながら、弊社CDIで復活、延命できたということなので、お役に立てたようで嬉しく思います。今後も順調に距離を伸ばしていけることを切に願っております。このたびは本当にありがとうございました。







Copyright © MEGA-speed. All rights reserved