トップページMEGA-denshiMEGA-denshi-CDI




RG500Γ/RG400Γ (HM31A/HK31A) 専用設計 デジタル進角CDI+電源取り出しカプラセット  税込価格 66,000円
    適合車種:RG500Γ (HM31A) 1型・2型
        :RG400Γ (HK31A) 1型・2型


-----[MEGA-denshi製 RG500/400Γ専用CDIの特徴]-----------------------------------
1、安心の純正互換を基本とした設計
 ⇒ RG500Γはもとより、もはやRG400Γも個体数が激減して希少になり、部品も危うくなり、無茶なことはできない車両になりました。点火についても同様です。プログラム次第ではどのようにでも進角できますが、進角すれば良いと言うものではなく、無理な進角は異常燃焼によるパワーダウンを招くだけでなく、エンジンに損傷を与えます。メガスピードとしては、無理なパワーアップを求めるのではなく、あくまで現存する車両を大切に乗り続ける為の「絶版である純正の互換品」としてのCDIを開発しました。

 純正CDIの点火マップはメーカーが十分に検討して市販化したものであり、信頼性と性能のバランスが取れています。開発段階で色々実験・研究してみると、純正CDIの点火マップの素晴らしさを再認識します。
少なくともRG500Γ・RG400Γに関しては、純正CDIの点火時期を変更してもパワーアップする余地はほとんど残っていないという結論に至ります。MEGA-denshiとして発売するRG500/400Γ用のCDIの点火マップも、純正CDIの進角・遅角タイミングを完全に解析し、進角タイミング、遅角タイミング、その度合いを純正と同様の点火時期にセッティングしてあります。

純正と同様の点火マップを採用するメリットは大きく2つあります。
  1、信頼性と性能のバランスが高く調和されていること
  2、純正CDIからMEGA-denshi製CDIに交換した場合、車両の仕様にかかわらず、同じようなフィーリングが得られること

まず1については、点火タイミングが純正と同じであれば、今まで通りエンジン負荷に対する信頼性と、燃焼に関する点火性能が得られます。そして2ですが、点火タイミングが純正と同じであれば、チャンバーが交換されていても、キャブレターのセッティングが変更されていても、純正CDIからの交換であれば違和感なく走行できます。


2、点火時期マップの概要
 図はMEGA-denshi RG500/400Γ専用CDIの点火時期を単純化したイメージです。ほぼ完全に純正CDIの点火時期と同一となっています。唯一わずかにモデファイした部分が超高回転域のAの区間です。純正CDIはアナログ回路ゆえに構造的物理的に仕方なく遅角し続けますが、CPUを実装しているMEGA-denshi CDIでは、Aの区間の点火時期マップは遅角進度を微小に緩くし、遅角し過ぎないようにプログラムしています。


3、MEGA-denshi CDIが物理的に純正CDI+アルファの点
 (1) 充電回数の多さ

 ⇒ 本来エキサイタコイルは180°で3回発電します。しかし純正CDIを取り付けた状態でエンジンをかけてエキサイタコイルの発電波形を見ると、点火直後の最初の波形がアナログ回路の構造上の諸々の理由により”無い”ことが分かります。つまり、クランク角180°の中で3回中1回が無くなり、残り2回分しか点火用コンデンサを充電できていないことになります。



 ⇒ この点MEGA-denshi 製CDIは、3回とも完全に点火用コンデンサを充電することが出来る為、単純計算では純正CDIの1.5倍の電気エネルギーをチャージしていることになります。これは非常に大きなアドバンテージとなります。


 (2) 始動性の良さ
 
⇒ 物理的に最短で点火するように電子回路およびプログラムを設計してあります。ですので、もし純正CDIが疲弊している場合は、MEGA-denshi CDIに交換することにより、始動性の向上が見込めます。
 今回のCDIでは特に始動性の向上にこだわりました。と言うのも、いくら2ストだとしても、やはり500ccあるいは400ccとなるとキックが重いので、いかに最小のキックエネルギーで始動できるかが開発の要のひとつとなりました。


4、CDIが新品になることにより、燃焼に関する点火の不具合以外に下記の症状が改善される可能性があります。
   1、タコメーターの動作不良
   2、SAECの動作不良
 
⇒ これらのデバイスは、CDIユニットからの出力により動作しているので、CDIユニットのの出力波形に問題がある場合は、新品にすることにより改善させる可能性があります。逆に新品にしても動作不良が改善されない場合は、デバイスそのものが故障している可能性があります。


5、高性能CPUをはじめ、すべての部品を表面実装することにより、デジタル制御ながらもコンパクトな造りになっています。
  ⇒ CPUは車載で世界シェアトップレベルの日本の半導体メーカーRENESASの製品を使用しています。
  取り付けも純正のCDIの取り付け位置にそのまま設置することができます。


6、電子部品はすべて現行の新品で組立ています。
  ⇒ 新しい部品でリフレッシュできます。使用する電子部品は可能な限り車載用を選んでいます。
  半導体部品は10年経過したら劣化します。純正CDIは発売から数十年経過しているので非常に疲れた状態です。


7、販売後もサポートします。
  ⇒ ユーザー登録をしていただければ、一定条件のもと、3年間万が一の故障でも新品に交換する保証をおつけします。


[取り付けについて]
 RG500Γ・RG400Γは純正ではアナログ制御のCDIユニットなので、直接バッテリ電源を使用していません。しかしMEGA-denshi製のデジタルCDIは、CPUや周辺に実装しているICを駆動するのに+12Vのバッテリ電源を使用します(正確にはCDI内部のレギュレータにより更にCPUやICの要求する電圧に落としています)。その為、イグニションONの時(アクセサリ電源)に左右のCDIに+12Vを得られるように配線を引き出す必要があります。
 
このCDIセットには、カプラーオンでCDIに電源が供給できるように必要部品が同梱されているので、手順通りに取り付ければ簡単に電源をCDIに供給することができます。



 左の図はCDI+電源取り出しカプラセットの内容です。➀CDI本体、②電源取り出しカプラキット、③ヒューズホルダ、④ヒューズ本体、⑤CDI固定用ねじ、仮止めワッシャ、セルフロック式フランジナットの3点セット、以上合計大きく分けて5点になります。組み立ては右の図の様な順になります。

   
※配線被覆は行っておりませんので、ユーザー様が必要に応じて施工してください。


 次に取り付け例を示します。ここではCDIセットに付属するカプラーONキットを使用します。要はCDIにイグニションONで+12Vの電源が供給できれば良いだけなので、ご自身で電源が用意できる方、あるいはすでにアクセサリ電源のある方はご自由にお取り付けください。CDIから出ている(黄)の配線に+12Vを供給して下さい。


1、まずリヤシート、純正CDIを取り外し、3Pカプラを見つけます。
  ※ 今回はシートカウルを付けたままCDIを交換します。やりにくい場合は、シートカウルを外してCDIを交換して下さい。



2、またがって車両右側のシートカウル奥に、黒い3Pカプラがあります。



3、次に黒の3Pカプラを外します。ここから電源を取り出すので、電源取り出しカプラキットを用意します。



4、黒の3Pカプラに電源取り出しカプラキットを図の様に取り付けます。(黄)の配線がアクセサリ電源になります。



5、電源取り出しキットに保護ヒューズボックスを取り付けます。



6、保護ヒューズボックスにCDIへ供給する電源線(黄)を取り付けます。



7、CDIの電源線(黄)以外のすべての配線を図の様にシートレールの隙間から車体ハーネスカプラ側に通します。



8、図の様にCDI側カプラとギボシを車体ハーネス側カプラとギボシにそれぞれ取り付けます。



9、各ギボシを図や表の様に正確に取り付けます。メス端子の絶縁被覆をオス端子が完全に隠れるまで被せます。
車体ハーネス側 CDI側
(黒/黄) (青)
(白/青) (橙)
(白) (紫)
配線ミスの起きやすい部位なので、作業後に何度も良く確認してください。



10、各カプラやギボシを正確に接続できたら、図の様に結束バンドでまとめておくと良いです。



11、最後にCDI本体を純正と同じ場所に取り付けます。固定は後ろ側1か所を付属のボルトおよびフランジナットで行います。



12、フェンダー裏側からフランジナットでCDIを固定します。本体のケースはプラスチックなので締め過ぎにご注意ください。
  ※ CDIの固定については、これでなければダメというものではないので、ユーザー様でご自由に設置して下さい。

以上で取り付け完了です。


[注意点]
 ・バッテリから直接+12Vを接続すると、イグニションOFFのバイクに乗っていない間にも微量ですが電流が流れている為、バッテリ上がりの原因となります。
 ・エンジン回転のレブリミッターはあえてプログラムしておりませんので、回し過ぎにはご注意下さい。
 ・誤作動防止の為、抵抗入りプラグをご使用下さい。

 ・純正イグニションコイルおよびハイテンションコード以外での動作は未確認です。


[開発について]

 メガスピードでは長年にわたりRG500Γ・RG400Γの整備・修理を承ってきました。その中で、近年はCDIの故障が増えてきました。発売から35年程度経過すれば、電装品はいつ壊れてもおかしくありません。故障で交換したいのに、すでにメーカー絶版という厳しい状況でした。そこでメガスピードでは電子部門のメガスピード電子制御テクノロジー「MEGA-denshi」により、国産のCDIを製造することにしました。電子回路設計、基板設計アートワーク、プログラム製作、CPUを含めた電子部品の実装、製品化まですべて 「MEGA-denshi」 で行っています。

 純正CDIと最も異なる点は、CPUやICを動かす為に電源が必要なことです。しかし、アクセサリ電源の取り出しをエンドユーザー様にお願いするようでは、純正互換と言えないと考え、CDIへの供給電源も、カプラーを取り付けるだけで可能になるよう、配線もセットにしました。

 2000年代からCPUはすべてシングルチップ化して非常にコンパクトになりました。搭載しているデジタル制御を担う高性能CPUは、日本が世界に誇る車載半導体メーカーRENESAS社のものです。日本車のインジェクションモデルの純正ECU内部にもRENESASのCPUが使われていることからも、信頼性のある日本の半導体企業を MEGA-denshi は支持します。

 RG500ΓもRG400Γも、発売から35年程度経過する車両ですが、新品のデジタルCDIにより、今後もずっと安心して維持し続けられるようお役に立てれば幸いです。


[バージョン情報]
 2020年--------------------------------------------------------------------------------
      2020.6.14 RG500Γ/RG400Γ用 デジタルCDIセット_ver.1.0を新発売   
      


-----[お客様の声]-----------------------------------
 ここではCDI装着後にいただいたお客様の声の中から、掲載に快諾していただいたものをご紹介します。修理の際に絶版部品で困っていた方、予備を兼ねた純正からの換装で性能がUPした方、色々なケースがあるかと思います。もちろんすべての方が同じような体感を得られるとは限りませんが、ひとつの目安としてインプレッション等を参考にしていただければ幸いです。

「さっき試運転に行きました。
 凄いです!! ウオタニ&ノーマルCDIと全く違います!
空吹かしと発進はあまり変わった感じはしませんで少しいいくらいかなと期待はしませんでしたが7800rpmのパワーバンドの始まりからが 音の大きさ 甲高さ 伸びと上腕二頭筋にかかる負荷が明らか違います。
 パワーバンドに入るとローで竿立ち、その後セカンド、サードまで上からゴムで引っ張られてる感覚でフロントまわり接地感があるようなないような、アクセル開けるのが怖いです。
 パワーバンドまでのツーリングモードもトルクが増したのか4つのシリンダーが同調しているのか、いままでスガヤなので、チャンバーだからこれが普通と思っていたのに、中速の4つそろわない特有のバラバラ音がなぜか少なくなったような?チャンバーも温度が高くなったのか内ももが熱いです。
 よくこんなもの作りましたね。凄いです。世界中で数個しかない初期ロットの選ばれし者になれたことに感謝します。ぜひTDRのもお願いします。」
(メールより引用)

  RG500 山口県・N.M 様)
[MEGA-denshi]
 インプレッションをいただきありがとうございます。希少な500のユーザー様のお役に立てて良かったです。興奮が伝わってくるようで、メールをいただいた時はこちらもすごく嬉しくなりました。初期ロットは完売しましたが、まだまだ継続して製造する為のエネルギーをいただいた気がします。
 
今回はCDIをご利用いただく際に、誤作動防止の為にウオタニのイグニションコイルから純正互換品のイグニションコイルに変更していただきました。点火タイミングは純正CDIを基本とし、わずかにモデファイしてあるだけなので、スガヤのチャンバー仕様でも違和感なく乗れると思います。
 TDRのCDIも将来的に取り組みたいと考えております。鋭意ラインナップを増やしてまいりますので、これからもMEGA-denshiを見守っていただければ幸いです。このたびはありがとうございました。



「純正タコメーターを使用したメーターユニットが完成し、ようやくタコメーター不具合が解決しましたので、早速、試乗に行ってきました。
まず、始動性ですがよくなった気がします。キック一発で始動出来る様になりました。
そして33年物の純正CDIでは、ギクシャクした動きだった純正タコメーターが、明らかにスムーズな動作になりました!
走り出し〜低速域はパワー感は純正同等ですが、スムーズになった事が体感できます。
そしてパワーバンドに入ってからの加速、レブ特性は明らかに良くなりました。
パワーチェックの際にその点は解っておりましたが、実際走ってみるとその通りの、気持ちのいい伸び感です。
何より新品の現在のパーツと言う事で、信頼性があり、安心して長距離を走る事が出来る様になった事が嬉しい限りです。
良い物を作っていただき、ありがとうございました。」(メールより引用)

  RG500 香川県・畠山 弘 様)
[MEGA-denshi]
 色々な画像およびインプレッションをいただきありがとうございます。まず純正CDIでタコメータがギクシャクしていた点が改善されたとのことなので良かったです。これは、CDI内部回路の波形整形部で作られた信号が正確にタコメータに伝達されるようになったからだと考えられます。
 始動性については、キック時に物理的に点火できる条件下で最短でトリガ、点火するようにプログラムおよび回路を設計してあるので、その効果が出ているかと考えられます。
 高回転の伸びについては、色々な実験結果から得られた点火マップを使用することにより、純正CDIの様に落ち込まない仕組みになっていることが、高回転の伸びの大きな要素になっていると考えられます。車両の仕様、個体差にもよるかと思いますが、今回いただいたパワーチェックの図では、最高出力で3馬力程度向上しているだけでなく、その後も極端に落ち込まないことが示されています。この領域が高回転の伸びの続く部分であり、本CDIの特徴を裏付けるものになると思います。
 修理・レストアを重ねて車両を復活されたとのことなので、少しでもそのお役に立てたようで良かったと思います。このたびはありがとうございました。



「先週、純正と入替えましてテストしました。
 自車はフルノーマルの85年式で、走行距離15,000km台です。テスト時の気温は28°前後でした。
 ① 始動性: 始動性は良いです。もともと始動性は良かったので、純正と同じく全く不安無しです。
 ② トルク感: アクセル開度少でクラッチミートしての転がり始めが、非常に力強くなりました! 町中でのズボラな運転にもアクセルがついてきます。
 ③ 加速感: 回転の上昇がなめらかになり、加速のワープ感が長く続くような感覚です。
 ④ エンジンの吹き上がりの滑らかさ: 明らかに滑らかになりました。回転のドット数が細かくなったような感じ。
  以上、自分の車両の感想です。(分かりづらい表現ですみません)」(メールより引用)
  RG400 沖縄県・R.S 様)
[MEGA-denshi]
 説明は十分分かりやすいので大丈夫です。ユーザーさまの生の声が一番参考になるので、インプレッションをいただき助かります。始動性について不安無しとのことなので、良かったです。トルクについては、点火コンデンサの容量選定や、リフレッシュにより性能が向上したのかもしれません。加速感については、中高回転は純正をモデファイしたマップになっているので、その点が効いているかもしれません。また、吹け上がりの滑らかさはデジタル化したことにより、正確なCPU動作を実現しているので、高回転でもタレずに粛々と仕事をしているので、古いアナログ純正CDIよりも有効だと思います。
 ひとまずお役に立てたようで安心しました。このたびはありがとうございました。



「早速取り付けました。
天気が天気ですので、晴れ間の30分ほどしか乗っていませんが、低中速域のモッサリ感が解消され、うえまでのフケが良くなった感じです。
また、サイレンサーからのオイルの垂れが激減した気がします。何より、電気系の不安が減ったのは、精神衛生上、とてもありがたいです。
強いて言えば、付属の取説に電源のところもついでに掲載されてた方が私のようなシロートには親切かな、と思いました。一瞬、ブレーカー付の配線を見て、「何だコレ?」と思いましたので(笑)
今後も良い製品を出してください! 今回は、ありがとうございましたm(_ _)m」」(メールより引用)


「昨日、2時間ほど乗りましたので、少し補足を。
やっぱり、明らかにオイル垂れが少なくなり、ピックアップが良くなりました。また、8000rpmからのパンチが増したように思います。
燃焼効率が良くなった感じで、これからが楽しみです。」(メールより引用)
  RG500 三重県・N.T 様)
[MEGA-denshi]
 梅雨の合間を縫っての2度のインプレッションのご連絡、大変ありがとうございます。また、画像のご提供もありがとうございます。
低中速のモッサリ感が解消されたのは良かったです。高回転も問題なく力強く動作しているようで安心しました。開発車両でも、多少排気オイルの垂れが軽減した印象があったのですが、ユーザー様の方でも共有していただけたので、やはり効果はあったのだと確信しました。これは燃焼効率の改善の結果だと思います。
 説明書で至らぬ点は申し訳ありませんでした。次のロットからは、ギボシの間違えやすい部分だけでなく、取り付け方をすべて記載した説明書を作り、改善したいと思います。ご指摘いただき非常に参考になります。このたびはありがとうございました。



「先日、CDI交換が終わりました。バイクの仕様は(エアークリーナーの豚鼻、金網外し)スガヤチャンバー。レジスタ入りプラグに交換。
取りつけ説明書は解りやすかったです。
エンジン始動ですが、元々1, 2発で始動出来ていましたのでCDIの効果は判りませんでした。
低速、中速、パワーバンドでのフィーリングはノーマルと同じで問題なく使えるCDIでした。11,000rpmまでがトップで11,500rpmまで回すとダウンしますが、落ち込みがノーマルに比べて緩やかになっていました。
この先長く維持するのに必要な部品が新品で手に入るので感謝です。SAECのコントローラーも開発して欲しいです。」(メールより引用)

  RG400 東京都・吉田秀行 様)
[MEGA-denshi]
 インプレッションと画像をいただきありがとうございます。まず説明書ですが、初期ロットで省略していた部分も、第2ロットからすべて記載し全2ページとしました。解りやすいとのご意見をいただき、改善できて良かったです。中低速、そしてパワーバンドでのフィーリングはノーマルと同じと評価していただけたので、純正互換としての目標はひとまず達成できたようで安心しました。高回転のレブ付近の点火時期は、純正に比べて遅角し過ぎないようにプログラムしたので、そのあたりが落ち込みの緩やかさにつながっていると考えられます。
 SACEコントローラーも近い将来開発予定なので、活動の推移を見守っていただければ幸いです。このたびは本当にありがとうございました。



「先週末に取り付けた御社のCDI、昨日エンジン始動を確認、本日40km程度ですが試運転してきました。
まず、キック1発で始動。これまでは温態以外では無かったことです。アイドリングも最初から安定、各気筒の排圧も手のひらで感じる限り揃ってました。
走り出してみると、水温の上昇が何時もより早く感じました。安定した点火により燃焼が改善されたのでしょうか。
今回は一般道のみだったので7,000rpm程度までしか試してませんが、いつもと同じアクセル操作に対し、明らかに回転の上がりが早くスムーズになってます。これまで時々感じていたワンテンポ遅れてエンジンが重ったるく反応する様な乗り難さが薄れました。
総じて、エンジンの性格が変わってしまう様な劇的な変化は無いのですが、これまで自車に付いていた35年前のCDIが相当くたびれていたのだと強く実感できました。SQ4ガンマの本来の乗り味が復活した様で非常に満足してます。」(Facebook pageより引用)
  RG500 愛知県・萩元啓介 様)
[MEGA-denshi]
 このたびは早々のご予約をいただきありがとうございました。始動性については、かなり開発段階で調整した部分なので、かかり易さを体感していただけて良かったと思います。純正互換を基本とした設計なので驚くようなパワーアップはしませんが、電子部品がリフレッシュしたことにより、全体的にシャキッとしたのではないかと思います。それが回転の上がりのスムーズさに結びついているのではないかと考えています。
 結論として、やはりご指摘の様に純正CDIがかなり疲れていたのだと思います。新しいCDIでこれからも2スト500を楽しんでいただけるようお手伝いできたようで幸いです。このたびはありがとうございました。



「まず始動性ですが自分のマシンはフルオーバーホール後と言う事もあり元々始動性は良く交換後も問題無く一発で始動しました。

 アイドリング時はアクセルを回すとチャンバーが元気良くパンパン言うようになりました。音の質が交換前より高音になってるのでちゃんと爆発してCDIがちゃんと仕事してるなと、明らかに感じる事ができるポイントのひとつです。

 低回転からの加速感ですが、パワーカーブが全体に上になった感じです。実際運転した感じとしてはパワーバンドに入るまでのトルクカーブが滑らかになった感じで、低速走行も運転しやすくツーリングには最適になってます。

 パワーバンド以降の高回転は吸気で獰猛な唸り声とおしりからぱんぱん言いながらオイルをまき散らし、現在のマシンでは再現できないあの加速が襲ってきます。具体的な感じは自分のマシンは8300回転くらいからパワーバンドに入り11500回転の高回転まで回りますが、低速域からパワーバンド以降の高回転域までアクセル操作に合わせてしっかりと加速がついてくる感じでした。純正互換と言うことなのでパワーパーツでは無いと思いますが、デジタルCDIが新品の部品と同じ働きをして安定に繋がってる物と思います。

 いつ故障してもおかしくない35年もまえのバイクです。メカニカルな部分は調整で何とかなりますが電装系は劣化の一途だと思います。他のマシンパーツの移植ではなく新品交換ができるパーツの登場によって安心して乗り続ける事ができると改めて感じました。この様な最新技術の上位互換の臓器がもっと増えれば更なる延命も可能だと思います。これからも開発よろしくお願いします。」(メールより引用)

  RG500 愛知県・ぱぱさん 様)
[MEGA-denshi]
 このたびは、第2ロット供給前からご予約いただきありがとうございました。そして早速インプレッションおよび画像・動画等、色々ご提供いただき感謝申し上げます。

 まずパワーバンドに入るまでの状態ですが、点火時期はほぼ純正と同じなのですが、ガサガサしたザラツキが出ない様に、若干パワーバンド手前で点火時期移行タイミングを調整しています。もしかしたらその影響で少しパワーカーブの変化や滑らかさを感じられたのかもしれません。また純正のアナログ制御に対し、デジタル化してCPUが正確に演算、点火処理をこなすので、連続性がきめ細かくなっていることも影響しているかもしれません。

 高回転は、純正のCDIの点火時期で落ち込む部分を調整し、長く引っ張れる様にマッピングしてあるので、その効果が得られていると考えられます。強烈な2ストの加速感は、いつ味わっても面白いものですね。昔のバイクの特徴を台無しにしない様に、レブリミッターはあえてプログラムしていませんので、回し過ぎにご注意いただければと思います。

 本CDIのコンセプトは純正互換ですが、その目的を達成できたようで嬉しく思います。バイクは色々な部品で構成されています。絶版でどうしようもない場合は他車流用という手もあるかもしれません。しかし、やはり点火時期はかなりエンジン性能を左右するものなので、RG500/400ならRG500/400用に専用に開発されたCDIを使っていただきたいと考えております。ゆくゆくは排気バルブ制御ユニットなどもサポートできるように、研究開発を継続していきたいと考えております。今後とも見守っていただければ幸いです。このたびはありがとうございました。



「こんにちは。今回はガンマCD Iありがとうございました。さっそく試運転してきました。低速域では多少変わったかなくらいでしたが、中高速域では力強い感じでとても良いです。」(Facebook pageより引用)
  RG400 福岡県・永田吉彦 様)
[MEGA-denshi]
 このたびは正式な発売前からお問い合せをいただき、そしてご購入いただき誠にありがとうございました。更にインプレッションをいただきありがとうございます。無事に動作しているようで安心しました。低速ではほぼ純正と同じマップなので大きな変化はないかもしれませんが、中高速はモデファイしてありますので、お楽しみいただけたようで良かったと思います。今後も継続して開発・供給できるよう頑張りたいと思います。このたびはありがとうございました。








Copyright © MEGA-speed. All rights reserved