トップページMEGA-denshiMEGA-denshi-CDI




RG250Γ (GJ21A) 専用設計デジタル進角REIGA-CDI  税込価格 59,800円
   
適合車種:RG250EW (1型), RG250EW-2 (2型)


-----[MEGA-denshi製 REIGA-CDIの特徴]-----------------------------------------------------------------------
1、REIGA-CDI (Revolutionary Incredible Graceful Advanced - CDI) とは
  
デジタル制御により本来点火時期が固定されている、いわゆる固定進角の点火タイミングを、MEGA-denshi独自のアルゴリズムで進角・遅角できるように設計されたCDIです。その制御の中枢には日本が誇る、車載マイコンの世界シェアトップを争うRENESASのCPUを搭載しています。

2、点火タイミングの概要
 図はREIGA-CDIと純正CDIの点火時期を比較したイメージです。分かりやすく単純化していますが、実際のREIGA-CDIにプログラムされている点火マップもほぼこの様な点火時期特性になっています。純正CDIはアイドリングから高回転までほぼ一定の点火タイミングになっています(厳密にはアナログ回路の特性上、常に一定レベルで遅角していて、9,000回転付近ではかなり点火時期が遅れています)。
 それに対してREIGA-CDIの点火タイミングは、低・中回転域では進角することによりトルクUPを狙い、高回転域では遅角し過ぎないようにある一定のレベルで遅角を抑制することにより、どこまでも続くような回転の伸びを狙っています。また点火マップそのものも、試験の繰り返しから得たデータにより、エンジンに負担をかけない領域を保持しています。


3、高性能CPUをはじめ、すべての部品を表面実装することにより、デジタル制御ながらもコンパクトな造りになっています。
  ⇒ 純正のCDIの取り付け位置にそのまま設置することができます。


4、電子部品はすべて現行の新品で組立ています。
  ⇒ 新しい部品でリフレッシュできます。半導体部品は10年経過したら劣化します。点火コンデンサも容量を増大し、強い点火によるトルクアップが期待できます。


5、販売後もサポートします。
  ⇒ ユーザー登録をしていただければ、一定条件のもと、2年間万が一の故障でも新品に交換する保証をおつけします。


[取り付けについて]

 純正CDIの位置にそのまま交換して取り付け可能です。本CDIはデジタル制御でCPUを搭載している為、CDIに電源を供給して下さい。黄色の配線のギボシ(オス)に、イグニションONで+12Vが供給されるようにして下さい。


[注意点]
 ・バッテリから直接+12Vを接続すると、イグニションOFFのバイクに乗っていない間にも微量ですが電流が流れている為、バッテリ上がりの原因となります。
 ・エンジン回転のレブリミッターはあえてプログラムしておりませんので、回し過ぎにはご注意下さい。
 ・誤作動防止の為、抵抗入りプラグをご使用下さい。

 ・純正イグニションコイルおよびハイテンションコード以外での動作は未確認の為、社外の強化コイルやホットワイヤー等は非適合となります。
  誤作動した場合、内部ICが損傷し、CDIが故障するおそれがあります。



[開発について]
 すでに先行発売している初期ガンマ専用設計CDIは多くの方にご利用いただき、また高い評価を得るに至り、通常の走行では必要にして十分なCDIであると考えています。しかし、もし固定進角の点火時期を調整できたのなら、今までとは違った楽しみ方ができるのではないか、というコンセプトから、このREIGA-CDIの開発が始まりました。本来進角できないものが進角するので、REIGA-CDI (Revolutionary Incredible graceful Advanced - CDI)と名付けました。今後REIGAシリーズを増やしていきたいと考えております。

 1983年、昭和の発売当時はエンジンをCPUで電子制御することはまだ一般的ではなく、この初期ガンマもアナログ回路のCDIでした。当然点火時期も変化させることができず、ほぼエンジン回転を使い切るまで一定の固定点火タイミングとなっています。それから40年近く経過した令和の今、MEGA-denshiではROMもRAMもCPUも一体となる高性能シングルチップで独自のアルゴリズムを使うことにより、自由に点火時期を進角・遅角させることを実現しています。

 搭載しているデジタル制御を担う高性能CPUは、日本が世界に誇る車載半導体メーカーRENESAS社のものです。インジェクションモデルの純正ECU内部にもRENESASのCPUが使われていることからも、信頼性のある日本の半導体企業を MEGA-denshi は支持します。

 GJ21A型のRG250Γは発売から40年近く経過する車両ですが、進角・遅角するデジタル制御のCDIにより、今までとは違った楽しさを提供させていただければ幸いです。


[バージョン情報]
 2020年--------------------------------------------------------------------------------
      2020.5.1 RG250Γ (GJ21A) 用 REIGA-CDI_ver.1.0を新発売   



-----[お客様の声]-----------------------------------
 ここではCDI装着後にいただいたお客様の声の中から、掲載に快諾していただいたものをご紹介します。修理の際に絶版部品で困っていた方、予備を兼ねた純正からの換装で性能がUPした方、色々なケースがあるかと思います。もちろんすべての方が同じような体感を得られるとは限りませんが、ひとつの目安としてインプレッション等を参考にしていただければ幸いです。

以前、メガスピード様が作成されたCDIからこちらのデジタル進角CDIに交換し、6000km程走行しました。
スカスカと言われているGJ21Aの低速トルクが明らかに増し、発進時は勿論、渋滞時のダルさがかなり改善されたように感じます。
一番効果を実感したのはパワーバンドに入ってからの高回転域で、ガンマのおいしいところを使っていると引っ掛かりもなく簡単にレッドゾーンに入っていきます。
現時点では特に不具合も出ておりませんし、万が一不具合が出てしまった場合でも保証があるため安心して使用出来るかと思います。
乗りやすさと共に2stらしさも増し、大変満足しております。
何よりもGJ21Aをはじめとした絶版車のパーツ供給をして頂けるのは有り難いです。」(メールより引用)


  埼玉県・ryu1223 様)
[MEGA-denshi]
 このたびはインプレッションおよび画像をいただきありがとうございます。それと同時に、アナログCDIだけでなく、デジタル進角CDIもご利用いただき感謝申し上げます。本デジタル進角CDIの狙いのひとつである低速トルクの増大が、発進時や渋滞時のダルさの解消といった具体的な効果をあげたようで良かったと思います。また、高回転も遅角し過ぎることを避けることにより、力強い伸びが狙い通りに得られたようで、開発したかいがあります。
 保証が長期間あることや、開発・製造元と常に連絡が取れるサポート体制も、安心してお使いいただける要素ではないかと思います。画像では旅のひとコマをいただきましたが、今後もこの様な旅を楽しんでいただける様、開発およびサポートを充実していきたいと考えております。このたびは本当にありがとうございました。



2日間かけて関西から乗って帰って来ました。進角CDIをはじめから付けてもらったのでノーマルとの違いは体感していませんが、
バイク屋さんの方が、低中速トルクアップして乗りやすく、高回転も9000rpmまでしか回してないけど良くなってるネ。とコメント貰いました。
6速で 60km巡行でも走れました。まだ、高回転域は8000rpmぐらいしか回しませんでしたが、2st加速がたまらないですね。」(メールより引用)


  神奈川県・N.T 様)
[MEGA-denshi]
 このたびはインプレッションおよび画像をいただきありがとうございます。今回は関西のバイクショップ様にて他の整備とあわせて弊社デジタル進角CDIを装着されたとのことですが、ひとまず低速トルクアップおよび高回転が良くなっているとの評価をいただき良かったと思います。
 納車引き取り時の高速走行・長距離走行も問題なく実施でき帰って来れたようで安心しました。初期ガンマは特に排気デバイス等の電子制御等がなく、純粋に2ストエンジンの加速感を味わうには最適の車両です。今後も末永く楽しんでいただければ幸いです。このたびは本当にありがとうございました。







Copyright © MEGA-speed. All rights reserved